2018事業承継の後継者不足を解消するサービスって?

事業承継の後継者不足を解消するサービスって?

 

昨今事業の後継者不足が叫ばれており、その理由としては子供の数が減少している少子化問題や、事業主である親が子供にはもっと自由に働いてほしいと望むといったケースなどもあり、とくに小規模な事業や交通の便の悪い場所などの立地条件なども重なると、より後継者不足が深刻になる可能性も高まります。

もっともそんな後継者不足問題に対しても、それなりの対策は存在しています。たとえば一番簡単な方法は、やはり配偶者や子供に後継者になってもらうという方法で、事業主が配偶者や子供に素直に頼めば、意外とすんなりと承諾し、後継者となってくれる場合もあります。さらに子供や配偶者でなくても他の親族や、会社内に後継者候補を見つけることも不可能ではありません。これならば経営方針や事業内容もすでに把握している場合が多いため、とくに問題なく事業を引き継ぎやすいといったメリットもあります。ただし必ずしもこういった後継者がどこでも存在しているわけではなく、存在していない場合は、会社外や親族外から後継者を探す必要があります。

事業承継の後継者不足を解消 そのための方法

そのための方法はいろいろあり、知人の紹介や張り紙などで募集するといった方法もありますが、やはり最近注目されているサービスとしては、インターネットを活用することです。たとえば後継者候補を探す専門の求人サイトならば、最初から後継者になりたい人と後継者が欲しい人とのマッチングとなるので効率的ですし、インターネットを利用する方法なので募集数も多く、簡単に後継者候補を探すことが可能です。

 

また最近では事業継承のことならなんでも相談にのってくれる相談窓口や、オーナーと後継者とのマッチングを専門的に扱っているM&A専門業者なども存在しています。これらのサービスについては基本的に相談などについては無料のことも多く、インターネットでのアクセスが可能なことがほとんどなので、利用しやすい環境も整っています。それゆえに身近に後継者となるべく存在がいなくて悩んでいるオーナーは、こういった現代的なサービスを利用し、後継者を探し出すという方法もあります。”

事業承継の手法と種類と注意点

事業承継の手法と種類

事業継承の手法・種類の一つに株式公開(株式上場)・M&Aがあります。
株式公開とは、未上場会社の株式を証券会社に上場し、広く誰もが株式を売買できるようにすることであり、勿論中小企業でも可能です。自社で持つ自社株の問題点としては、評価額に相当する換金価値ない点です。従って、株式を公開し自社株に換金性をもたせることにより、一部を処分して納税資金とすることができます。以下では、更に株式公開のメリットとデメリットを上げます。

【手法と種類】
①企業の知名度・社会的信用を増大できます。
②資金調達力の増大と財政基盤の強化を図れます。
③経営体質の近代化と社内体制の整備が期待できます。
④人材の確保と従業員のモラルアップ、レベルアップにつながります。
⑤創業者利益の実現、株式の流通性の増大します。
⑥公正な株価形成と資産価値の増大します。

 

事業承継の注意点

【注意点】
①株主対策(株主総会など)が必要になります。
②株式の買占め対策、株主代表訴訟などの経営権に対する脅威への対策が必要になってきます。
③株式公開準備に伴う諸費用の増大や管理費の増加します。
④企業内容の開示義務の増大、公私混同の禁止が原則です。

もし、経営者に事業継承する後継者がいない場合は、M&Aを検討することも1つの手法・種類です。M&Aの方法としては、合併、株式買取り、事業譲渡、所有する株式の一部または全部の売却、業務提携などがあります。
これらのM&Aによって「時間を買う」「人材を確保する」「投資資金を節約する」などのメリットが存在します。
合併の場合、被合併会社の権利義務を包括的に承継して、従業員も引き継ぐので慎重に行う必要があります。
株式譲渡の際の株式の売買価額は、会社の収益力などの要素を入ってくるため、相続税評価上の純資産価額が異なることが多いです。また、事業譲渡の場合は、合併などのように譲渡する会社が消滅することはありません。
利益の蓄積がある会社の場合は、法人税が課税される会社清算の場合に比べて、会社を売却する方が税率が低く、株主の手取り収入は一般的に多くなります。

2018年 事業承継 事業譲渡の実情

2018年 事業承継の実情

事業承継とは、例えば会社のオーナー社長が、その親族や従業員などに自分の地位を渡すことが基本となります。具体的には代表取締役社長の地位を譲るとともに、場合によってはその会社の株式を譲渡してしまうことまで含みます。この事業承継は、現在の会社で行っている事業内容について自分が引退した後も営業先も含めて新しい会社社長や事業主の下で引き続き取引を行っていくということが想定されています。中小企業でも可能なスキームですが、ただ会社を引き継いでくれる人がいるかという点が問題となります。特にその会社が赤字経営の場合はその傾向が顕著となります。

事業譲渡の実情

これに対して事業譲渡は、会社や事業主の地位を承継するというものではなく当該会社等が行っている事業を第三者に譲渡するというものです。M&Aが行われる際の一つのパターンということがいえるでしょう。この事業譲渡については会社法で規定されており、当該事業の全部を譲渡した場合には譲渡会社においては競業が禁止されるなどの規制がありますが、合併などと異なり権利義務が承継されるというものではないため、負債をまるまる引き受けなければならないわけではない点で譲受会社にとってはメリットがあります。

事業譲渡のこれから

法的な手続きについては基本的な事業譲渡契約を締結して、それぞれ取締役会で承認を得るという手続きが必要となってきます。この事業譲渡形態は赤字の会社でも売却可能であるほかに現在はあまり市場では評価されていないが用いようによっては価値がでるといった技術等を有している会社の事業の譲渡などにおいては価値がつき思った以上の価格で事業が売却されていくということもありうるのです。

この事業譲渡形態は会社規模に制限がないので中小企業でも可能といえ、自社の事業継続が困難となっても事業を譲渡することで他社において自社が手がけてきた技術やノウハウなどが生き続け社会に貢献していくという姿を見続けることが可能なスキームとなっているのです。

事業承継のメリットデメリットまとめ

事業承継のメリット

 

企業の経営者が後継者と話し合いをし、将来的に経営者を誰にするのか、後継者に地位や不動産をどのように引き継ぐのかを決定するのが事業承継と呼ばれることです。事業承継のメリット・デメリットをまとめました。

メリットは、創業家としての地位を継続することが出来るということがあります。特に親族に承継するという場合、経営者を退いた場合でも一定の影響力を与えることが出来ます。企業の中には経営者が創業家出身者が引き継いでいるということも珍しくはありませんが、一貫性を持った経営をすることが出来ます。

そして、業務をスムーズに承継する事が出来るということもメリットでしょう。社内の業務を十分に把握している人に承継することが出来れば、これまでの理念を引き継ぐことが出来ます。

 

事業承継のメリット

一方のデメリットは、事業承継の場合、事業の債務として創業家の経営者の個人保証も含めて引き継ぐことが必要となります。そのため、後継者としてリスクも引き継がなければならないということを認識し、検討する必要があります。また、従業員が承継する時には、個人保証の引き継ぎを拒んだり、創業家の経営者の個人保証の全てもしくは一部を金融機関が解除しないということが考えられます。

事業を承継する候補者がいる場合、資金調達が問題となります。資金を得る方法は、後継者個人が金融機関に借入の申込をする・後継者に企業が資金を貸し出すなどがありますが、返済原資に税引後のお金をすること、個人の信用問題からハードルは高い問題と言えるでしょう。資金を調達することが出来ないという場合、株式を安く後継者に譲るという方法もありますが、不当に安く株式を譲った場合には低廉譲渡であると判断され、後に多額の税金が課税されることがありますので、注意が必要です。

子供や親族に事業承継をする場合、経営スキルが十分でないと、従業員からの反発が出ることもあります。経営者としてのスキルを見極めることは簡単ではないため、誰に承継しても同じようなことが起こる可能性はあります。

事業承継センターで相談する際の注意点

事業承継センターで相談する際の注意点

事業承継センターとは一種のコンサルタント系の株式会社に当てはまります。平成25年7月10日に経済産業省・関東経済産業局から斬新な経営を支援機関に認定された、比較的に新しいな企業です。ちなみに[経営革新支援機関]とは中小企業が安全に経営に関する相談などを受ける為に、専門知識ならびに経験レベルが一定値以上ある企業を国が認定する公的機関です。事業継承センターは経営革新支援機関に認定されています。

センターの活動を平たくを説明すると、「お見合い」に近いサービスを提供する訳です。企業の社長令嬢や御子息の未婚を防ぐ・解消させる為にサポートする活動が基本的でしょう。これを[家督継承支援]と呼びます。

 

事業承継センターを相談する場合の注意点として

・全てが無料ではありません。初回のみ無償の場合はありますが、基本的に経営なため、依頼者・相談者へ料金の請求はともないます。お見合いに近いサービスですから、そこは特に知っておきたいポイントです。コンサルタント系の営利活動と判断すれば分かりやすいと思います。

・事業承継センターは複数ありますから、御本人様が一番良いと考えられる所を選ぶべきです。担当者や各センターによって対応は変わりますから、あらかじめ認識しておきましょう。そしてどのようなお相手が事業を引き継ぐのに相応しいか会員リストなどをチェックしておく必要性があります。

・事業承継センターは会員制です。一般的な人が集まる所ではなく、資産家や富豪系の令嬢や御子息が集う特殊な場所になります。抱える財産も重く莫大なレベルですから慎重に選びたいところです。

ちなみに「家督承継支援」のサービスでは、社会的にも信頼ある方々が会員登録されています。お見合い相手の家柄・家庭環境をチェックしながら婚約相手を探せるメリットが強みです。よって安全に結婚相手を探すことができます。事業承継センターはご子息やご令嬢が「良縁」を得られる為にもサポートしてくれる場所です。