インクの種類と紙

インクは、文字を書いたり絵をかいたりするのにかかすことができません。
印刷する場合にも、インクがなければ印刷物を作ることはできないでしょう。
私たちが見ているものの多くに使われているインクですが、それぞれで使われている素材が違います。
染料と顔料の違いが知られていますが、印刷インクや金属インクなど実は数多くの種類が存在するのです。

目的として、文字や色を見せるために使われるわけですが、多くの種類に分かれているのは、どんなものに対し使うのかということを考えなければいけないためです。
金属に使うのであれば、一般的な紙用でははじかれてしまい定着できません。
逆に金属インクでは、髪に対してきれいな発色ができず、にじんでしまって終わってしまう可能性があるのです。
これでは、インクは正しい効果を発揮できなくなってしまうでしょう。

プリンターに使われているような紙用のインクにも、多くの相性が存在します。
身近なものではありますが、ちょっと気を付けているだけでも、きれいな発色をさせることができるようになるのです。

ちょっと考えると、インクのほうを紙に合わせることを考えてしまいがちですが、実は紙選びが重要になってきます。
相性のいい紙がわかっていれば、自分の家にあるプリンターや筆記具をもっと効果的に使っていくことができるのです。

紙の相性を知って選ぶことは、そんなに難しいことではありません。
ちょっとしたことがわかれば、適切なものを選ぶことができ、バリエーションを広げることができますので、参考にしてみてはどうでしょうか。


≪特選外部サイト≫
プリンターのインクもエコに考慮したリサイクルトナーカートリッジが注目されています ⇒ リサイクルトナーカートリッジ