事業承継センターで相談する際の注意点

事業承継センターで相談する際の注意点

事業承継センターとは一種のコンサルタント系の株式会社に当てはまります。平成25年7月10日に経済産業省・関東経済産業局から斬新な経営を支援機関に認定された、比較的に新しいな企業です。ちなみに[経営革新支援機関]とは中小企業が安全に経営に関する相談などを受ける為に、専門知識ならびに経験レベルが一定値以上ある企業を国が認定する公的機関です。事業継承センターは経営革新支援機関に認定されています。

センターの活動を平たくを説明すると、「お見合い」に近いサービスを提供する訳です。企業の社長令嬢や御子息の未婚を防ぐ・解消させる為にサポートする活動が基本的でしょう。これを[家督継承支援]と呼びます。

 

事業承継センターを相談する場合の注意点として

・全てが無料ではありません。初回のみ無償の場合はありますが、基本的に経営なため、依頼者・相談者へ料金の請求はともないます。お見合いに近いサービスですから、そこは特に知っておきたいポイントです。コンサルタント系の営利活動と判断すれば分かりやすいと思います。

・事業承継センターは複数ありますから、御本人様が一番良いと考えられる所を選ぶべきです。担当者や各センターによって対応は変わりますから、あらかじめ認識しておきましょう。そしてどのようなお相手が事業を引き継ぐのに相応しいか会員リストなどをチェックしておく必要性があります。

・事業承継センターは会員制です。一般的な人が集まる所ではなく、資産家や富豪系の令嬢や御子息が集う特殊な場所になります。抱える財産も重く莫大なレベルですから慎重に選びたいところです。

ちなみに「家督承継支援」のサービスでは、社会的にも信頼ある方々が会員登録されています。お見合い相手の家柄・家庭環境をチェックしながら婚約相手を探せるメリットが強みです。よって安全に結婚相手を探すことができます。事業承継センターはご子息やご令嬢が「良縁」を得られる為にもサポートしてくれる場所です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です